News & Views

塩味を感知するセンサー分子

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 5 | doi : 10.1038/ndigest.2013.130524

原文:Nature (2013-02-07) | doi: 10.1038/nature11946 | Salty sensations

Bertrand Coste & Ardem Patapoutian

ヒトでは聴覚に関連するとされているTMC-1というタンパク質が、線虫では塩味の感知にかかわる受容体であることが示された。

塩は昔から最も一般的な調味料の1つである。また、甘味、苦味、酸味、うま味(食欲をそそる味)とともに、塩味は5つの基本的味覚を形作っている1

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度