Japanese Author

ヌタウナギが教えてくれる 脊椎動物の進化

倉谷 滋

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 5 | doi : 10.1038/ndigest.2013.130522

海に棲み、名前は「ウナギ」だがウナギではなく、ましてや厳密には魚類でもない。ヌタウナギには背骨がなく、顎もなく、鼻孔が1つしかない原始的な脊椎動物。進化形態学者、倉谷滋博士は、この動物に、ヒトにまでつながる進化と発生の謎を探っている。

–– Nature ダイジェスト:机上のびんに入っているのが、ヌタウナギですか?

倉谷:そうです。時間を見つけては、顕微鏡で見たり、解剖したりしています。なぜ体のここに、こんな神経が走っているのだろうか、鰓孔がなぜここに開くのかとか─ヌタウナギというのは不思議な形態の塊のようなもので、全く見飽きませんね。形態学は私の発想の原点ですしね。

図1:ヌタウナギ

Credit: 理化学研究所

–– ヌタウナギでどんな研究を?

まず、ヌタウナギとヤツメウナギの関係を明らかにしたいと思いました。ヤツメウナギはご存じでしょう? 円口類といって、脊椎動物の初期の進化で重要な位置付けにある生物グループの一種です。このヤツメウナギとヌタウナギの系統関係には、同一グループか否かの2説があったのです。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度