News

セミの翅が細菌をばらばらにする

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 5 | doi : 10.1038/ndigest.2013.130505

原文:Nature (2013-03-04) | doi: 10.1038/nature.2013.12533 | Insect wings shred bacteria to pieces

Trevor Quirk

セミの翅の表面の微細な柱状の構造体「ナノピラー」が、細菌の細胞膜を引き裂く。

クランガーゼミ(clanger cicada; Psaltoda claripennis)というセミが持つ、筋の入った翅は、物理的な構造だけで細菌を殺すことが明らかになった。このような機能を持つ天然の表面構造が見つかるのは初めてのことで、Biophysical Journal 2013年2月19日号に掲載された論文では、この翅がナノメートルスケールでどのように機能しているのかを示す、詳細なモデルが示されている1

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度