News

南極大陸の氷底湖で生命を発見

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2013.130402

原文:Nature (2013-02-11) | doi: 10.1038/nature.2013.12405 | Lake-drilling team discovers life under the ice

Quirin Schiermeier

米国の掘削チームが南極大陸の氷底湖からサンプルを採取することに成功し、そこに多数の微生物が存在することを発見した。

南極から米国西海岸まで、回り道をしながら48時間に及ぶ旅路をたどって帰国したばかりのJohn Priscuは、激しい時差ぼけに悩まされていた。しかし、そんな疲労も、彼の興奮を隠すことはできない。彼のチームは、南極大陸での数週間の集中的なフィールドワークにより、酷寒の大陸の氷床の下に閉じ込められた湖に生息する生物を、世界で初めて発見したのだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度