News

助成金の重複受給はチェックされているか?

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2013.130413

原文:Nature (2013-01-31) | doi: 10.1038/493588a | Funding agencies urged to check for duplicate grants

Eugenie Samuel Reich and Conor L. Myhrvold

複数の米国研究助成機関によく似た申請書が提出された事例は見つかったが、Natureの調査でも不正な重複受給は確認できなかった。 ただし、助成機関のチェック体制や判断基準には改善の余地がある。

カリフォルニア大学サンフランシスコ校(米国)の神経科学者Steven McIntireは、2001年11月、米国立衛生研究所(NIH)に対して、5年間にわたる総額160万ドル(約1億5200万円)の助成金申請書を提出した。しかしその際、わずか5か月前に、きわめてよく似た科学目標のプロジェクトに対して、米国陸軍から120万ドル(約1億1400万円)の助成金を受けたことは申告しなかった。いずれの研究も、線虫(Caenorhabditis elegans)において、エタノールに対する応答に影響を及ぼす遺伝子を探索するのが目的だった。線虫は、人間におけるアルコールの影響を解明するために広くモデルとして用いられている生物だ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度