News & Views

脱アセチル化による細胞死

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2013.130325

原文:Nature (2012-12-13) | doi: 10.1038/nature11761 | Death by deacetylation

壊死はさまざまな疾患に関連して見られるが、プログラム細胞死の中で、おそらくは最も解明が進んでいないものだ。今回、サーチュインというタンパク質が、脱アセチル化反応を介して壊死の一部を調節していることが明らかになった。

壊死性の細胞死は、長い間、調節された機構であるというよりは、単なる受動的な過程と考えられてきた。例えば感染や外傷のために細胞に重度のストレスが与えられた結果、必然的に起こってしまう現象というわけだ。しかし、少なくとも壊死の一部は、ネクロトーシス1と呼ばれる細胞プログラムによって仲介されるとする証拠が増えている。Nature 2012年12月13日号199ページで、Nisha Narayanたちは2、ネクロトーシスが脱アセチル化酵素活性を有するサーチュイン-2によって調節されることを示した。これは、これまでの一連の証拠をさらに後押しする結果だ。特に、壊死の特徴を示して死にゆく細胞はさまざまな疾患において見られるので、ネクロトーシスの過程の分子基盤を解明することは非常に興味深いし、有望である。ネクロトーシス機構についての知見から、疾患に関連する細胞死の阻害剤を開発するヒントが得られるかもしれない。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度