News & Views

熱アシストによる高変換効率の有機発光材料

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2013.130324

原文:Nature (2012-12-13) | doi: 10.1038/492197a | Molecules that convert heat into light

Brian D’Andrade

蛍光性有機分子の設計によって、高効率発光ダイオードの作製が可能になった。このデバイスは、従来品のライバルになるかもしれない。

電子ディスプレイは、インターネット利用に欠かせない手段であり、至る所で目にすることができる。中でも、モバイルディスプレイ市場は驚異的な成長を遂げており、携帯電話の販売台数は2006年に10億台を超えた1。現在は液晶ディスプレイが主流だが、有機発光ダイオード(OLED)もモバイル機器に着々と導入されており、テレビへの使用も増えつつある。そうした状況の中で、今回、魚山大樹ら2が、従来品に代わりうる新しいタイプのOLEDの開発に成功した(Nature 2012年12月13日号 234ページ)。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度