News Feature

コンクリート・ジャングルの生態学

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2013.130312

原文:Nature (2012-11-22) | doi: 10.1038/491514a | Life in the concrete jungle

Courtney Humphries

人々と建物、野生生物、環境汚染が、都市でどう作用し合っているかを生態学の視点でとらえる「都市生態学」が注目を浴びている。

米国マサチューセッツ州ボストン市のプルデンシャル・タワーの屋上で、Nathan Phillipsは眼下に広がる大都会のさまざまな営みを見下ろしていた。このくらい高い場所だと、車のクラクションやブレーキ音、街路に飛び交う話し声などの騒音はほとんど届かず、風の吹く音が聞こえるばかりだ。地上の空気は風で運ばれてくるうちに浄化され、都会にありがちな悪臭はまるで漂ってこない。「この屋上の大気環境は、ボストンのほかの部分とは本質的に異なっているのです」と、ボストン大学で生態学研究に携わるPhillipsは話す。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度