News Feature

飛躍のときを迎えた量子シミュレーター

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 2 | doi : 10.1038/ndigest.2013.130224

原文:Nature (2012-11-15) | doi: 10.1038/491322a | Quantum leaps

Geoff Brumfiel

本格的な量子コンピューターが登場するのは、まだまだ先の話だ。その前段階として、量子系(量子システム)をシミュレーションできる機械があり、最近、それに対する関心がますます高まっている。

2012年7月、高エネルギー物理学者は、長らく探し求めていたヒッグスボソンをついに発見したと宣言した。ヒッグス粒子の発見は、この数十年間の科学的発見の中でも最大級の成果であり、実験に関与した数千人の研究者が得意になるのは当然だった。しかし、彼らより先に、別の形でヒッグス粒子を発見したチームがあった。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度