News & Views

約120億年前の最も遠い超新星を発見

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 2 | doi : 10.1038/ndigest.2013.130234

原文:Nature (2012-11-08) | doi: 10.1038/nature11643 | Cosmic explosions in the young Universe

Stephen J. Smartt

地球から非常に遠い距離にある2つの「超光度超新星」が発見された。この超新星は、ビッグバンからわずか15億年後に誕生したものだ。 約120億年前の幼年期の宇宙には、こうした「超光度超新星」はありふれた存在だったのかもしれない。

天文学者たちの研究対象は未知の領域で、それは、私たちの銀河の宇宙塵雲の奥深い場所だったり、ブラックホールのすぐそばの環境であったり、宇宙の最も遠い場所であったりする。ここ数十年、天文学者たちは地上と宇宙の最大規模の望遠鏡を使い、宇宙の最も遠い光源を見つけようとしてきた。遠くの天体ほど光が地球に届くまで時間がかかり、そのぶん私たちは過去の世界をさかのぼって見ることになる。例えば最も遠い銀河は、ビッグバンからわずか5億年後の宇宙がどんなようすだったかを教えてくれる1,2

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度