News

フェルミγ線宇宙望遠鏡のソフトウェアを修正

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 2 | doi : 10.1038/ndigest.2013.130213

原文:Nature (2012-11-08) | doi: 10.1038/491172a | Space telescope to get software fix

Ron Cowen

フェルミγ線宇宙望遠鏡のソフトウェアがアップグレードされ、ダークマターの発見に向かって一歩前進する。

2008年に打ち上げられたNASAのフェルミγ線宇宙望遠鏡は、宇宙の中でも特に激しい活動領域に検出器を向けてきた。そして、これまで観測された中で最高レベルのエネルギーを持つ光子、つまり可視光の数十億倍のエネルギーを持つγ線光子を、いくつか記録してきた。しかし、それらγ線の特に興味深い対象が、時々観測の網の目をすり抜けてしまい、天文学者を残念がらせていた。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度