News

パーキンソン病は、異常タンパク質の伝播を介して進行する

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 2 | doi : 10.1038/ndigest.2013.130204

原文:Nature (2012-11-15) | doi: 10.1038/nature.2012.11838 | Misfolded protein transmits Parkinson’s from cell to cell

Virginia Hughes

神経細胞の死と、パーキンソン病特有のタンパク質凝集塊との間の関連を示す 研究結果が報告された。治療法の開発につながることが期待される。

パーキンソン病については、異常タンパク質が原因となって神経細胞の大量死が引き起こされることが明らかになったばかりだ。今回、その異常タンパク質が細胞間を移動することで脳全体へと広がって神経細胞の死滅を引き起こし、その結果、パーキンソン病の症状が現れる可能性が示唆された。この成果をもとに、異常タンパク質を標的とした古い治療戦略を見直すことで、パーキンソン病の進行を食い止めることができるかもしれない。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度