News

ハリケーン「サンディー」と闘った研究者たち

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 2 | doi : 10.1038/ndigest.2013.130212

原文:Nature (2012-11-08) | doi: 10.1038/491169a | Researchers battle storm’s wrath

Brendan Borrell

ニューヨーク大学ランゴン医療センターでも実験室に大きな被害が出たが、学生と研究者は率先して、非常電源の停止した病院からの患者救出活動に参加した。

それは、2012年10月29日の午後7時30分頃のことだった。実験室の全部の窓が一気に開いてフロア中に書類が散乱し、Benjamin Bartelle は、「サンディー」がただのハリケーンではないことを悟った。彼は、マンハッタンのニューヨーク大学ランゴン医療センター(米国)にあるスカーボール生体分子医学研究所の5階にいた。ニューヨークの街はすでに風速45mもの突風が吹いていた。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度