News

自家製ソフトウエアの誤りを、誰がチェックする?

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 12 | doi : 10.1038/ndigest.2013.131227

原文:Nature (2013-09-26) | doi: 10.1038/501472a | Mozilla plan seeks to debug scientific code

Erika Check Hayden

科学の世界では、研究や解析のために、多くの自家製ソフトウエアが作られている。しかし、それが本当に正しいのかどうか、査読の手続きさえ存在していない。

Credit: THINKSTOCK

カリフォルニア大学サンタクルーズ校(米国)の生態学者Carl Boettigerは、研究論文に使われる科学ソフトウエアは、もっと厳格に審査(査読)されるべきだと考えている。そこで6月、この意見をブログに投稿した。すると、本人の予想に反して54件ものコメントが寄せられ、議論は大きな盛り上がりをみせた。どの程度細かく審査すべきなのか、研究者たちは議論を戦わせた。ある研究者は、論文掲載前の段階で、コンピューターコードにBoettigerの厳格な基準を要求するのは、「いささか傲慢ではないか」と反発した。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度