News

細胞内の小胞輸送を解明した人々

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 12 | doi : 10.1038/ndigest.2013.131202

原文:Nature (2013-10-09) | doi: 10.1038/502149a | Cell transport carries off Nobel

Ewen Callaway

細胞内で生体分子を生合成するには、ある構造体から別の構造体へ、作りかけの分子を移さなければならない。それが小胞輸送で、今年のノーベル医学生理学賞は、その機構を解明した3人に授与される。

Thomas Südhof(左)、Randy Schekman(中)、James Rothman(右)は、小胞が目的の構造へと分子を送る仕組みを解明した(Rothman はイングランド王ヘンリー8 世とよく似ているという)。

Credit: L TO R: TONY AVELAR; HADAR GOREN; YALE UNIV.

今年のノーベル医学生理学賞は、細胞内“郵送”サービスの機構を説明した3人の科学者に贈られる。彼らの研究によって、細胞がどのような仕組みでタンパク質などの生体分子をある場所から別の場所へときちんと運ぶのか、明らかになった。また、この輸送過程は、細胞外への物質放出にも関与しており、神経伝達物質の放出やインスリンの分泌など、さまざまな場面で重要な役割を演じている。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度