News

糞便入りカプセルで腸感染症を抑える

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 12 | doi : 10.1038/ndigest.2013.131208

原文:Nature (2013-10-07) | doi: 10.1038/nature.2013.13885 | Faeces-filled pill stops gut infection

Sarah Zhang

糞便入りカプセルにより、クロストリジウム・ディフィシレ感染症の再発を抑えることができた。しかし、コストや製造の問題で、市販薬として開発するのは難しいかもしれない。

毎年約50 万人のアメリカ人が、クロストリジウム・ディフィシレ感染症にかかっている。

Credit: PHOTOTAKE Inc./Alamy

難治性の重篤な細菌感染症が、人間の糞便から採取された細菌で作ったカプセル剤で治療できるようになるかもしれない。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度