News

ヒッグス機構の提唱者に物理学賞

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 12 | doi : 10.1038/ndigest.2013.131204

原文:Nature (2013-10-09) | doi: 10.1038/502150a | Higgs theorists amass physics prize

Richard Van Noorden

ヒッグス粒子探しが始まってから半世紀近くが経過し、昨年ようやくそれが発見された。そして今回、2人の理論物理学者にノーベル物理学賞が贈られることになった。

2012年7月にCERNを訪問したノーベル物理学賞受賞者Peter Higgs(右)とFrancois Englert(左)。

Credit: FABRICE COFFRINI/AFP/GETTY

ヒッグス粒子の発見は、ここ10年の素粒子物理学における最大のニュースだ。実験には数千人もの科学者が関わったが、ノーベル物理学賞選考委員会が受賞者に選んだのは2人の理論家だった。2013年10月8日にストックホルム(スウェーデン)で行われた発表で、今年のノーベル物理学賞は、ヒッグス機構に関する理論を提唱したエディンバラ大学(英国)のPeter Higgsとブリュッセル自由大学(ベルギー)のFrancois Englertに贈られることになった。ヒッグス機構とは、宇宙を満たすヒッグス場が素粒子に質量を与える過程のことで、そこにはヒッグス粒子(ヒッグスボソン)の存在も含まれている。ジュネーブ(スイス)近郊にある欧州原子核研究機構(CERN)の理論物理学者John Ellisは、今回の選考について、「私でも同じ選択をしたでしょう」と語った。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度