News Feature

カエルを愛したスパイ

100年ほど前、野外調査と諜報活動の二重生活を送った悪評高き爬虫両生類学者がいた。現代の若い科学者が彼に関心を持ち、その足跡をジャングルの中に追ったところ、このスパイは、分類学者として、きちんと仕事を残していたことが判明した。

拡大する

SPENCER RESEARCH LIBRARY/UNIV. KANSAS LIBRARIES

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 12 | doi : 10.1038/ndigest.2013.131222

原文:Nature (2013-09-12) | doi: 10.1038/501150a | The spy who loved frogs

Brendan Borrell

1992年、学部生だったRafe Brownは、フィリピンに旅立つ前に、これから出会いそうな生き物についてできるだけ多く知っておこうと、指導教官の本棚を探しまわった。そして、爬虫両生類学者として多くの業績を残したEdward Taylorが1922年に発表した研究論文を見つけた。その写真複写版をパラパラとめくるうちに、フィリピン産のトビヤモリの一種(Ptychozoon intermedium)にすっかり心を奪われてしまった。表皮は大理石模様で、指の間に水かきがあり、胴体の両脇には樹上から滑空できるようフラップ状の構造が付いていた。Brownにとって、こんな奇妙な動物を見たのは初めてのことだった。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度