News

マウスの生体内で幹細胞を作製

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2013.131103

原文:Nature (2013-09-11) | doi: 10.1038/nature.2013.13725 | Stem cells created in living mice

Heidi Ledford

マウスの生体内で成体細胞を再プログラム化できることが示された。組織再生の実現に向けて新たな扉が開かれる。

マウスの生体内でiPS 細胞が作製された。これは、シャーレの中で作製したiPS 細胞より、分化全能性を持つ本来の幹細胞に近いようだ。

Credit: Maria Abad & Lluc Mosteiro/CNIO

成体細胞を、シャーレの中ではなくマウスの生体内で再プログラム化し、胚性幹細胞のような状態に変換できることが分かった。この成果は2013年9月11日、Natureオンライン版で発表された1

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度