News

ヒドラジンに代わる衛星用燃料

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2013.131107

原文:Nature (2013-08-29) | doi: 10.1038/500509a | Green fuels blast off

Alexandra Witze

宇宙機用の推進燃料として、現行のヒドラジンよりも効率が高く、しかも毒性の低いグリーン燃料が開発された。

2010年に打ち上げられたスウェーデンの衛星PRISMAは、新しいグリーン燃料をテスト中だ。

Credit: SSC

外観はシャルドネの白ワイン、においはガラスクリーナーのよう。なのに、衛星を動かす威力がある。こう表現されるのが、新しく開発されたスウェーデン製のグリーン(環境に優しい)燃料LMP-103Sだ。宇宙機を軌道に乗せる燃料(推進剤)として、実用化目前にある。LMP-103Sは、米国製のAF-M315Eとともに、従来のヒドラジンに代わる魅力的な代替燃料として浮上している。ヒドラジンは、過去数十年にわたって宇宙産業の一角を占めてきた主力燃料だが、毒性がある上に取り扱いが難しいという問題を抱えていた。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度