News

ゲノムが教えるアフリカ人の移動史

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2013.131119

原文:Nature (2013-08-29) | doi: 10.1038/500514a | African genes tracked back

Erika Check Hayden

新しいアレイ用マーカーが開発され、アフリカ南部のコイサン族の一部が、アフリカを出た後に帰還した人々であることが明らかになった。

約20万年前、最初の人類はアフリカを後にし、世界各地へと広がっていった。しかし、その旅は「行ったきり」ではなかった。アフリカに戻ってきた人々がいたことが遺伝学的に裏付けられたのだ。その人々は、欧州人によるアフリカ植民地化のはるか以前に、行った道を2段階で引き返し、アフリカ南部にアフリカ外の世界の遺伝子を持ち帰ったと推測される。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度