News Feature

都会の憂鬱

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 1 | doi : 10.1038/ndigest.2013.130110

原文:Nature (2012-10-11) | doi: 10.1038/490162a | Urban decay

Alison Abbott

研究者たちはこれまで「現代の都市生活によるストレスと精神疾患の関連」を示そうとしてきたが、有効なデータはなかった。だが、2003年に公表された英国の「キャンバーウェル調査」の結果は世界に衝撃を与え、これをきっかけに、さまざまな方法で検証が進められている。

Credit: R. MANSI/GETTY

1965年、英国ロンドン市南部の繁華街、キャンバーウェル地区で、保健当局者らによる一風変わった調査が始まった。彼らは、その地区の住人のうち、統合失調症、うつ病、双極性障害(躁うつ病)をはじめとする「何らかの精神医学的病態がある」と診断された人全員について、症例記録をとり始めた。それは数十年にわたって継続された。そして、この「キャンバーウェル調査」のデータ全体を見返していた精神科医らは、驚くべき傾向を発見した。統合失調症の罹患率が、1965年には住人10万人当たり11人だったのが、1997年には23人と、ほぼ倍増していたのだ。この期間、標準的な一般集団の間ではこのような増加はみられない(J. Boydell et al. Br. J. Psychiatry 182, 45–49; 2003) 。そのため、多くの研究者は1つの疑問を抱いた。それは、都市生活のもたらすストレスが、統合失調症などの「心の病」にかかるリスクを増大させるのではないかというものだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度