News

製薬会社が臨床試験の生データ開示を決断

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 1 | doi : 10.1038/ndigest.2013.130115

原文:Nature (2012-10-18) | doi: 10.1038/490322a | Drug firm to share raw trial data

Declan Butler

グラクソ・スミスクライン社が、非公開としてきた新薬の臨床生データを公開する。

長年続いてきた製薬業界の臨床試験関連情報に関する秘密主義が崩れようとしている。これまで、自社による臨床試験の詳細な生データは一般に非公開とされてきたが、2012年10月、製薬大手グラクソ・スミスクライン社(GSK、英国プレントフォード)は、研究界に対して系統的に自らのデータを開示すると発表した。この発表に科学者も喝采を送っている。業界の先頭を切ったGSKの動きは、実は始まりにすぎない。欧州医薬品庁(EMA)は、2013年以降、製品の登録の目的で企業から提出されるすべての新しい臨床試験データを、開示する予定だからだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度