News

ミトコンドリア病を予防する核の入れ替え技術

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 1 | doi : 10.1038/ndigest.2013.130102

原文:Nature (2012-10-24) | doi: 10.1038/nature.2012.11651 | DNA-swap technology almost ready for fertility clinic

David Cyranoski

異常のあるミトコンドリアを持った卵から核を取り出し、正常なミトコンドリアを持った卵に移し替える技術は、サルにおいて確立されていたが、ヒトでも適応可能であることが示された。 この技術により、ヒトのミトコンドリア病と呼ばれる遺伝性難病のリスクを低減できる。

未受精卵の間で遺伝物質を移し替える技術によって健康な赤ちゃんを作ることのできる時代が、すぐそこまできている。この技術を使えば、ミトコンドリア(細胞内でエネルギーを作り出す小器官)の異常が関係する疾患の発生リスクを最小限に抑えることが可能なのだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度