Research press release

分子1個のスナップショット

Nature Chemistry

Single-molecule snapshot

Nature Chemistry(電子版)によると、医学的に重要な天然物など、未知有機化合物の構造決定に原子分解能の顕微鏡法が役立つかもしれない。構造を決定する際、場合によっては、化合物を合成してその構造を天然物の構造と比較する必要がある。しかし、今回の方法を利用すれば、このような時間もコストもかかる過程を避けることができるであろう。

自然は無数の有機化合物を作り出しており、その多くが医薬品候補となりうる。しかし、それらの化合物を利用する重要な第一段階は、それらの分子構造を決定することである。L Grossらは、走査プローブ顕微鏡技術を用いて、原子分解能で未知化合物分子1個の画像を得た。別の従来型特性評価技術と組み合わせることによって、その化合物の分子構造を決定することができる。現在、正確な構造決定が大変困難な化合物が数多く存在する。今回の方法は、そのような化合物の構造決定に向いているであろう。

Microscopy with atomic resolution could be useful in the determining the structure of some unknown organic compounds, such as medicinally important natural products, according to a study online in Nature Chemistry this week. This method could avoid the lengthy and expensive process of trying to synthesize the compound and then compare its structure with that of the natural one, which is necessary in some cases.

Nature produces a vast array of organic compounds, many of which have potential pharmaceutical applications. A first and important step in their use, however, is the determination of their molecular structure. Leo Gross and co-workers used a scanning probe microscopy technique to obtain an atomic-resolution image of a single molecule of an unknown compound. When combined with other traditional characterization techniques, this method enabled the determination of the molecular structure of the compound. The approach should be suitable for many of the compounds for which accurate structure determination is currently the most difficult.

doi: 10.1038/nchem.765

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度