Research press release

グラフェンがまるまってフラーレンができる

Nature Chemistry

Crumpling up graphene to make fullerenes

炭素原子シートがまるまってフラーレンというサッカーボール形炭素分子ができることが、Nature Chemistry(電子版)に報告されている。フラーレンは25年前から研究されているが、この化合物がどのようにしてできるのか、まだはっきりわかっていない。

通常のフラーレン合成法では、レーザーや電気アークを用いて、グラファイトという層状炭素材料をバラバラにする。グラファイトからフラーレンが生成する機構については、グラファイトからちぎれ飛んだ炭素原子や小さなクラスターが集まってフラーレンができると考えられていた。

A Chuvilin、A Khlobystovと共同研究者らの研究結果は、フラーレン化合物がグラファイトシート表面上で一気に形成される可能性があることを示唆している。研究者らは電子ビームを使って、グラフェン(鶏舎の金網に似た原子1個分の厚さの炭素シート)中の原子を励起した。シートの一部は、ちぎれて小さな薄片となった後、再配列して球状のかごのようなフラーレンとなることが、透過電子顕微鏡像から明らかになった。

Football-shaped carbon molecules, known as fullerenes, can be formed by a single sheet of carbon atoms crumpling up, reports a study published online this week in Nature Chemistry. Fullerenes have been studied for 25 years, but how the compounds form is not well understood.

The usual procedure for forming fullerenes is to break up graphite ― a layered carbon material ― using lasers or electric arcs. The mechanism by which fullerenes form from graphite was believed to involve single carbon atoms or small clusters breaking off of the graphite and then clumping together to make fullerenes.

Andrey Chuvilin, Andrei Khlobystov and colleagues' findings suggest that some fullerene compounds may form in one go on the graphite sheet surface. The scientists used an electron beam to excite the atoms in graphene ― a one-atom-thick, chicken-wire-like sheet of carbon. Parts of the sheet broke off and formed smaller flakes, which, as transmission electron microscopy images revealed, rearranged into spherical cages of fullerene.

doi: 10.1038/nchem.644

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度