Research press release

アルツハイマーの原因となる集合体の特定

Nature Chemistry

Alzheimer's assemblies identified

Nature Chemistry(電子版)に掲載される研究によると、アミロイドベータ42タンパク質の12個1組の集合体が、おそらくアルツハイマー病発症のカギとなる神経毒である。そのような重要な毒性種を特定できることにより、発症初期段階でのアルツハイマー病治療への道が開かれるかもしれない。

アミロイドベータタンパク質の大きな集合体からなるアミロイド斑はアルツハイマー病の結果として生じることが知られている。しかし、最近の証拠は、その兆候がタンパク質の小さな集合体(オリゴマー)に起因するものであることを示唆している。これらのオリゴマーがどのようにして生じるかに関してさまざまな研究がなされたが、結果は矛盾するものであった。

M Bowersらは、エレクトロスプレーイオン化イオンモビリティー質量分析法という手法を利用して、アミロイドベータ42および病気の原因とならない近縁タンパク質によって形成されたオリゴマー混合物を研究した。この手法によって、研究者らは形成されたオリゴマーの質量と形状の両方を研究することができた。検討されたすべてのタンパク質がこのような小集合体を形成したが、12個からなる小集合体を形成したのはアミロイド42のみであった。

D ClemmerとS Valentineは、関連するNews & Viewsの記事の中で、「この研究で得られた知見を利用すれば、特定のサイズでオリゴマー成長を止めるよう意図された介入を計画できることが想像できるであろう」と述べている。

Assemblies of twelve units of the protein amyloid-beta42 are a probable key neurotoxic agent in the development of Alzheimer's disease, according to a study online in Nature Chemistry this week. The identification of such a key toxic species could pave the way for treatments that specifically target the disease in its early stages of development.

Plaques, formed from large assemblies of amyloid-beta proteins, are known to form as a result of Alzheimer's disease, but recent evidence suggests that the disease symptoms are caused by small assemblies ― oligomers ― of the protein. However, a variety of investigations into how these oligomers arise have provided conflicting results.

Michael Bowers and co-workers used a technique called electrospray-ionization ion-mobility mass spectrometry to study the mixture of oligomers formed by amyloid-beta42 and some closely related proteins that do not result in disease. The technique allowed the researchers to study both the mass and the geometry of oligomers formed. Although all the proteins studied formed these small assemblies, only amyloid-beta42 went on to form one that contained twelve units.

In an accompanying News & Views article, David Clemmer and Stephen Valentine say 'One can imagine using the insight gained here to design interventions that are designed to arrest oligomer growth at a specific size.'

doi: 10.1038/nchem.247

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度