Research press release

3D印刷で反応容器を自在に作製

Nature Chemistry

3D printing for custom chemistry

3D印刷を利用して化学反応容器を自在に作れることが、今週のNature Chemistry電子版に報告されている。この技術によって、意のままに実験器具の設計・作製・操作をデジタル制御でき、考えられるほぼすべての反応容器を迅速に提供することができる。

Leroy Croninらは、比較的安価な市販の3D印刷システムとオープンソースの設計ソフトを用いて、さまざまな反応器具(Croninらは「リアクションウエア」と呼んでいる)を作製している。リアクションウエア作製用の基本材料は、単なる浴室用シーリング剤(すぐに硬化するポリマー)であるが、印刷時に観察窓や電極などの部品を追加して組み込むことができる。また、リアクションウエアの壁に触媒を印刷することにより、化学反応に積極的に参加する反応装置を作製することもできる。従来の実験器具ではこのような反応装置を作ることは不可能であった。

「このアイデアの期待できる点は、容易に入手できないような複雑な反応容器システムを3D印刷で迅速に作製できることである」とR. Daniel Johnsonが関連のNews & Viewsの記事で語っている。

The use of 3D printing to create tailor-made containers for chemical reactions is reported online inNature Chemistry this week. This technique puts the design, construction and operation of custom labware under digital control and offers researchers rapid access to almost any reaction vessel they can imagine.

Leroy Cronin and colleagues use a relatively low-cost commercially available 3D printing platform with open-source design software to produce a range of what they call ‘reactionware’. The basic material used to make the reactionware is simply a bathroom sealant, which is a quick-setting polymer, but additional components - such as observation windows or electrodes - can be incorporated during the printing process. Catalysts can also be printed into the walls of the reactionware to create reactors that actively participate in chemical reactions, something that is not possible with traditional labware.

In an accompanying News & Views article, R. Daniel Johnson says that, “One promising aspect of this idea is that 3D printing enables the rapid preparation of complex reactor systems that would not otherwise be readily accessible.”

doi: 10.1038/nchem.1313

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度