Research press release

最も複雑なゼオライト構造の発見

Nature Chemistry

Pore performance

これまでで最も複雑なゼオライト構造が発見されたことが、Nature Chemistry(電子版)に報告される。このゼオライトは、交差する三次元細孔構造を持っており、石油化学工業においてナフサをディーゼル燃料に変換する触媒として有望である(このような働きをする触媒は現在市販されていない)。 ゼオライトは、小分子との相互作用に適したサイズの細孔を持つ多孔性材料であり、「分子ふるい」として用いられたり、大分子を小分子に分解する触媒「クラッキング」に使用されたりする。しかし残念なことに、多孔性ゆえに小粒子や粉末を形成しがちであり、X線結晶構造解析法などの標準的手法で構造を解明することが困難である。X Zou、A Cormaらは、このたび、電子線結晶構造解析法を利用して、最も複雑な細孔系を持つゼオライト構造を発見した。結晶の大きさはわずか数ナノメートルであった。 このゼオライトは、ナフサをディーゼル燃料に変換する触媒として利用できる可能性がある。現在、ナフサは供給過剰であり、ディーゼルは需要が多いため、この触媒変換能は興味深い。

The most complex zeolite structure yet discovered is reported online inNature Chemistry this week. Its three-dimensional intersecting pore structure makes it a promising catalyst in the petrochemical industry for the conversion of naphtha to diesel fuel, which currently has no commercial catalyst. Zeolites are materials with pores that are ideally sized for interacting with small molecules and they are used as ‘molecular sieves’ or to catalytically ‘crack’ larger molecules into smaller ones. Unfortunately, this porous nature means they often form only small particles or powders, making it hard to discover their structures using standard tools such as X-ray crystallography. Xiaodong Zou, Avelino Corma and colleagues have now used electron crystallography to discover the structure of a zeolite with the most complex system of pores — in crystals only a few nanometres in size. Its potential use as a catalyst for the conversion of naphtha to diesel fuel is of interest because there is currently an oversupply of naphtha and high demand for diesel.

doi: 10.1038/nchem.1253

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度