著者インタビュー

Nature Chemistry に論文が掲載された著者の皆様に、今回の研究論文について、また掲載に至る過程での経験談をお聞きいたしました。

その他の「著者インタビュー」

「プログラム合成」で、究極の構造多様性を征服する

2015年3月号掲載

伊丹 健一郎氏 / 名古屋大学大学院理学研究科 教授、名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所 拠点長、JST-ERATO伊丹分子ナノカーボンプロジェクト 研究総括

山口 潤一郎氏 / 名古屋大学大学院理学研究科 准教授

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度