News & Views

がん免疫学:T細胞に腫瘍の特徴を提示する細菌ペプチド

Nature 592, 7852 doi: 10.1038/d41586-021-00640-9

今回、腫瘍細胞に侵入する細菌由来のタンパク質断片が、腫瘍細胞表面に提示され、免疫系によって認識され得ることが分かった。この発見は、がんの免疫療法に影響を及ぼす可能性がある。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度