News & Views

腫瘍生物学:がんにおけるエピジェネティックな転換点

Nature 590, 7846 doi: 10.1038/d41586-021-00002-5

今回、2報の論文で、NSD3タンパク質の酵素活性を変える遺伝的変化によって一部のがんが駆動されることが示された。生化学的および構造的な特性評価によって、薬理学的逆転への道が示唆されている。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度