Review

健康科学:環境知能でヘルスケアの暗がりを照らす

Nature 585, 7824 doi: 10.1038/s41586-020-2669-y

機械学習と非接触センサーの進歩によって、人間の存在を感知してそれに応答する物理空間「環境知能」が誕生した。本論文では、この技術が、ヘルスケアの気付かれていない隠喩的な暗がりに関する我々の理解をいかに改善できるかについて概説する。病院空間では、環境知能の早期応用によって、程なく臨床ワークフローの効率、そして集中治療室や手術室での患者の安全性が向上する可能性がある。また、日常生活空間では、環境知能が日々の行動を把握することで、高齢者の自立期間が延長し、慢性疾患患者の管理が改善される可能性がある。他の技術と同様、大規模な臨床応用への転換には、厳密な臨床検証、適切なデータプライバシー、モデルの透明性などといった課題の克服が必要だ。この技術を思慮深く使うことで、物理的環境と健康に重要な人間行動との間の複雑な相互作用についての理解が可能になると考えられる。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度