News & Views

分子生物学:分子機械の進化

Nature 581, 7809 doi: 10.1038/d41586-020-01287-8

複数のサブユニットからなるタンパク質であるヘモグロビンは、構成要素間の複雑な相互作用に依存して適切に機能している。今回、古代の前駆体の分析によって、ヘモグロビンがたった数ステップで単純な単量体から進化したことが示唆された。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度