News & Views

原子物理学:反水素を用いた基本対称性の検証

Nature 578, 7795 doi: 10.1038/d41586-020-00384-y

電荷–パリティ–時間対称性と呼ばれる自然の性質の破れによって、宇宙に観測されている反物質の不足を説明できる可能性がある。今回、反物質原子の反水素を使って、こうした対称性の破れの追究が行われた。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度