News & Views

がん:腫瘍抑制因子の操作

Nature 569, 7756 doi: 10.1038/d41586-019-01319-y

腫瘍は、治療に対する抵抗性を持つようになることが多いが、抵抗性が生じる理由はよく分かっていない。今回、Rbタンパク質がどのように腫瘍の増殖に影響を及ぼし、治療に応答するかが分析され、この問題を解決する手掛かりが得られる可能性が出てきた。

Full text| PDF

目次へ戻る

プライバシーマーク制度