Review

計算機科学:機械の行動

Nature 568, 7753 doi: 10.1038/s41586-019-1138-y

人工知能で動作する機械が、社会的、文化的、経済的、政治的な相互作用の仲立ちをすることが多くなっている。人工知能システムの振る舞いの制御、恩恵の享受、害の最小化を可能にするには、そうしたシステムの行動を理解することが不可欠である。今回我々は、人工知能システムの行動の理解には、コンピューター科学領域を取り込んで発展させ、科学全体から得た知見を盛り込んだ、機械の行動を調べるための幅広い科学研究計画が必要であると主張する。我々は、まずこの新しい分野の基盤となる一連の「問い」について概説し、次に機械行動研究に対する技術的、法的、制度的な制約を検討する。

Full text| PDF

目次へ戻る

プライバシーマーク制度