Review

感染症:感染症のモバイルヘルス接続型診断の運用

Nature 566, 7745 doi: 10.1038/s41586-019-0956-2

モバイルヘルス(「mHealth」)とは、モバイル機器、それらの構成要素および関連技術を医療分野に応用したもので、これによって患者はすでに治療や助言を得やすくなってきている。mHealthは、インターネットに接続した診断機器との併用により、感染症の診断、追跡、管理において、また医療制度の効率を高めるための、新たな方法をもたらしている。今回我々は、これらの技術の展望を検討するとともに、患者の検査の受けやすさの改善や治療支援に加え、公衆衛生機関が感染症の集団発生の監視、対応策の実施、介入の影響評価を世界規模で行う能力の向上において、そうした技術が持つ可能性を実現させる上での課題の数々について考察する。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度