News & Views

生理学:腸管免疫細胞の代謝的役割

Nature 566, 7742 doi: 10.1038/d41586-019-00235-5

腸管は、病原体に対する免疫防御の活性部位である。今回、マウスの研究によって、腸管壁のある種の免疫細胞が、糖質や脂質の代謝調節も助けていることが示された。

Full text| PDF

目次へ戻る

プライバシーマーク制度