News & Views

宿主–微生物相互作用:植物はkiwellinタンパク質を用いて菌類と闘う

Nature 565, 7741 doi: 10.1038/d41586-019-00092-2

菌類の感染は、作物の収量に影響を及ぼす可能性がある。今回、菌類によって生じた宿主の代謝障害に植物タンパク質が対抗することが分かり、抗真菌防御と代謝酵素阻害機構に光が当てられた。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度