News & Views

天体物理学:ブラックホールに伴う流れ

Nature 565, 7738 doi: 10.1038/d41586-019-00011-5

これまで反響マッピングと呼ばれる手法は、超大質量ブラックホールの周囲の物質構造を調べるのに使われてきた。今回、観測によって、ずっと小型のブラックホールにもこの手法を適用できることが示唆された。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度