News & Views

細胞生物学:植物で侵入経路へと進化した排出ルート

Nature 564, 7734 doi: 10.1038/d41586-018-07426-6

植物細胞の葉緑体は、細菌細胞から進化したと考えられている。今回、葉緑体のタンパク質搬入系が、細菌の外へタンパク質を排出する要素から生じていることが明らかになった。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度