News & Views

計算生物学:蛍光を活性化するデザイナータンパク質

Nature 561, 7724 doi: 10.1038/d41586-018-06202-w

今回、βバレルと呼ばれるタンパク質の構造モチーフを、任意の小分子と特異的に結合するように設計できる計算法が考案され、生物工学的応用への扉が開かれた。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度