News & Views

フォーラム:構造生物学:光活性化タンパク質に関する見解

Nature 561, 7723 doi: 10.1038/d41586-018-06670-0

今回、陰イオン伝導性チャネルロドプシンタンパク質の構造が解明され、これを用いて光遺伝学のツールが開発された。このフォーラムでは、イオン伝導についてこの構造から分かること、そしてこのツールが必要な理由が検討されている。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度