News & Views

自己免疫:ペプチドの分泌が糖尿病の引き金になる

Nature 560, 7716 doi: 10.1038/d41586-018-05710-z

インスリンホルモンを産生する細胞に対する自己免疫攻撃は、1型糖尿病の原因になる。今回、マウスの研究によって、膵臓細胞による血流へのインスリンペプチド断片の放出が、この有害な過程の引き金となることが明らかになった。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度