News & Views

DNA損傷:太陽から隠れる造血幹細胞

Nature 558, 7710 doi: 10.1038/d41586-018-05166-1

成体幹細胞はニッチに存在していて、そこで維持、調節、保護されている。今回、進化の過程でこうしたニッチの場所が変化していったのは、保護の必要性によることが明らかになった。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度