Article

微生物学:群集カタログが明らかにする地球のマルチスケールの微生物多様性

Nature 551, 7681 doi: 10.1038/nature24621

微生物の世界の重要性や多様性に対する関心が高まっていることとは全く対照的に、微生物世界の基本的な構造についての我々の理解は限られている。最近、DNA塩基配列解読法が進歩しているが、標準化されたプロトコルや解析の一般的枠組みがないことが研究間での比較を妨げ、地球上の微生物という生命体に関して全球的な推定を行う障害となっている。今回我々は、地球マイクロバイオームプロジェクトの数百人の研究者により採取された微生物群集試料の、メタ解析結果を報告する。調整されたプロトコルや新しい解析法[特に、操作的分類単位(OTU)によるクラスタリングではなく、正確な塩基配列を用いる方法など]により、細菌やアーキアのリボソームRNA遺伝子の塩基配列を多数の研究間で追跡でき、また、前例のない規模での多様性パターンの探索が可能になった。この結果は、DNA塩基配列データに全球的状況を加えた参照データベースにも、将来の研究のデータを取り込むための枠組みにもなり、地球の微生物多様性の全特性を次第に明らかにすることを促すだろう。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度