News & Views

免疫学:T細胞の標的認識パターン

Nature 547, 7661 doi: 10.1038/nature23091

T細胞受容体と、通常は生体内に存在しないペプチド分子との結合が、免疫応答の引き金となることがある。どのペプチドがT細胞と結合するか予測するのは困難だが、それが今回実現された。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度