News & Views

神経変性:タンパク質の除去における反復配列の役割

Nature 545, 7652 doi: 10.1038/nature22489

ポリQ反復配列と呼ばれる伸張部を含む変異タンパク質は、誤って折りたたまれたり、神経変性につながる凝集体を形成したりすることがある。今回、ポリQを含むタンパク質の一部は、誤って折りたたまれたタンパク質を劣化させる過程を調節していることが明らかになった。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度