News & Views

構造生物学:代謝回転を促進する受容体

Nature 544, 7648 doi: 10.1038/nature21900

アディポネクチン受容体の構造に関する知見から、こうしたタンパク質には、その配位子であるアディポネクチンホルモンによるシグナル伝達能力をもたらす固有の酵素活性があることを示す証拠が得られた。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度